スタッフブログ

☆積水ハウス 工場見学☆

はじめまして‼動物看護師の井上です😁
先月、山口県にある積水ハウスの工場へ行ってきました🚗
そこでは、家造りのあれこれを体験させてもらい、色々な話を聞くことができました❗

 

🏡家は一生の住家、大切な財産です🏡

家族が安全で安心して暮らせるためには、家はもちろん、その土地の事、家を建てる場所や地盤などいろいろ調べなくてはいけません。
日本は地震大国なので、地震に強い家、災害に強い家を造らなくてはいけません。

いかに揺れを吸収し、揺れを和らげるかが大事です‼

横揺れのみですが、テレビなどで見る地震体験をさせてもらいました。
私は怖いので主人が体験したのですが、机にしがみ付くのがやっとだったそうです💦
耐震、免震対策している部屋では、その揺れ方は半分以下でした❗
岡山県は災害意識が低く、値段も高額のため、その装置を設置している家はまだないそうです💦                          
もし、災害が起こり、避難しなくてはいけなくなった時、自分や家族を守るためになにをしておくべきなのか….我が家には小さい子供が2人と猫がいるので、子供と猫(ケージに入れて)を抱っこして、避難グッズを持って逃げられるのか・・・。不安は尽きませんよね😓

動物を飼っていると人間の防災備蓄のみでなく、動物のペットフード、水、ペットシーツ、応急処置できるグッズ、ケージなども必要になってきます❗

普段から予防やペットのしつけ、犬であれば「待て、来い、座れ、伏せ」、決められた場所で排泄ができる、無駄吠えさせない、ケージに慣れている、などができるようにしておくのが望ましいです❗
あらかじめペットと避難先に行くことができるのかも調べておいた方が良いですね🤔
また、子供もペットも避難先で声がうるさいなど嫌がられるケースもあるそうで、ストレスの面からみても自宅に留まることが出来るなら自宅での生活をした方が良いこともあるそうです。

防災備蓄で水、食料が重要ですが、子供や動物は食べ慣れてないものをうけつけないことがあり、せっかく食料があるのに食べてもらえないことがあるので、普段食べ慣れている物や試食をして味見をしておく必要があるようです❗


岡山でも豪雨災害があったばかりで、当院の勉強会でもたまたま防災について発表を聞いたばかりなので、より防災意識を高め、事前に被災したらどうするかなど家族で話す機会をたくさん持つことが大事だと思いました‼